日大・総合クラス3年生を対象に,高校生のための租税教室が行われました。

 2月6日(水) 日大・総合クラスの3年生を対象に,高校生のための租税教室が行われました。当日は,関東信越税理士会 下館支部 租税教育推進協議会より高橋 博之先生と三代 勝久先生をお招きして,社会に出たら関わってくる税金について,ご講演をしていただきました。

 生徒のアンケートをいくつか紹介させていただきます。

「今回の租税教室で税金が社会の中でどのような役割を果たし,私たちの生活にどのような影響を与えているか分かった」

「これからアルバイトをするつもりだが,収入が年間103万円を超えてしまうと,学生でも所得税を払わな得ればならないことに驚いた」

「消費税は10%よりも上がる可能性があるのか」

「今までは,税金についてあまり考えたことはなかったが,今日の講演のおかげで,身近に感じられるようになった」

「現在,アルバイトをしているが,給与明細の見方が分かってよかった」

 ほとんどの生徒が,税について知る良い機会となったようです。本日講演をしていただいた2名の先生方,本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

  

お知らせ

  • 緊急掲示板
  • インターネット出願
  • いきいき茨城ゆめ国体2019・いきいき茨城ゆめ大会
  • 元気いばらき選手育成強化支援事業
  • 岩瀬日本大学高等学校 いじめ防止基本方針[PDF]

ページの先頭へ戻る