新聞部交流取材に参加しました

 6月13日(水)本校新聞部7名が,茨城県高文連新聞部会主催の交流取材に参加し,阿見町の予科練記念館とつくば市の筑波学院大学における「セグウェイ試乗体験」を取材しました。

 “文化部のインターハイ”と呼ばれる全国高等学校総合文化祭長野大会(信州総文祭2018)に,この夏,茨城県から3校の生徒が代表として出場いたします。今回の取材では,本校以外に信州総文祭に出場するつくば秀英高等学校と,古河中等教育学校とともに,茨城県の新聞部会の技術向上と,生徒同士の交流を図る目的で行われました。

 予科練記念館では,職員の小谷野さんから詳しく解説をして頂き,元予科練生の戸張礼記さんから体験談を伺いました。講演終了後には,部員たちも積極的に戸張さんに取材していました。

 その後,筑波学院大学を訪問し,フランス料理のシェフ内田十九二さんが腕をふるう学生食堂「グルマン」で昼食をとりました。

 若鶏のオリーブオイル焼き・ベーコン入り赤ワインソースを美味しくいただきました。昼食後,中庭に場所を移して,移動式ロボット「セグウェイ」と対面しました。入試広報課の武田直樹先生,金久保紀子先生,松﨑茂樹先生にレクチャーを受け,試乗体験が始まりました!

 部員たちは全員が“初セグウェイ”でしたが上手に乗れました。詳細については後日掲載いたします。

 

お知らせ

  • 緊急掲示板
  • インターネット出願
  • いきいき茨城ゆめ国体2019・いきいき茨城ゆめ大会
  • 元気いばらき選手育成強化支援事業
  • 岩瀬日本大学高等学校 いじめ防止基本方針[PDF]

ページの先頭へ戻る