教育システム

 一人ひとりの生徒と真摯に向き合う教育システム

目先の小さな目標ではなく,自分の生き方の指針となるような大きな目標。そのような「志」を,生徒一人ひとりが楽しみながら探し,見つけだせる学校生活を提供する。本校の教育システムはそのような理念から生み出されたものです。

 生徒の自主性を引き出す教科指導

本校では教育方針の一つとして「自ら学ぶスタイルの確立」を掲げています。勉強とは教わるものではなく,自分から積極的に取り組んでいくものであることを理解すれば,勉強も楽しくなり,身についてくるものです。そのための取り組みとして,ICTや放課後の課外授業を導入し,生徒と教師で共有する時間を増やすことで,自ら学ぶ姿勢を引き出しています。

 

 基礎力と応用力を両立させる新課程カリキュラム

多様な進路希望にあわせて入試システムに対応した充実のカリキュラムが,しっかりとした基礎学力を身につけさせ,伸ばすべき部分をどんどん伸ばします。また,特別進学コースと総合進学コース間のコース移行を柔軟にしています。そのねらいは生徒一人ひとりに対応できる進路指導をすることにあります。

 

 将来を見据えた高大一貫教育 

日本大学の付属高校であることの利点を最大限に生かし,長い目で将来を見通した進路計画の実現に取り組んでいます。2年次には,日本大学の各学部から先生を招き,大学と同様の講義を行う「出張講義」を実施。生徒の進路への意識を高めるとともに,幅広い研究分野においての興味を喚起し,理解を深めることで,学習へのモチベーションを高めるサポートしています。

 

 21世紀に活躍できる人間の育成 

ネイティブ教師による英語授業や海外研修旅行をはじめ,ハワイ英語研修,英語スピーチコンテスト,英語ディベート大会など,多彩な英語教育によって,国際社会で活躍できる真の語学力を培います。また,高度情報社会のめまぐるしい変化に迅速に対応するため,ICTを利用した授業など,情報教育にも力を入れています。

 

ページの先頭へ戻る