海外研修

 総合的・多角的学習の実践の場 ボーディング・スクール

 

 

ボーディング・スクールとは「寄宿舎学校」「全寮制学校」と訳され,教師と生徒が寝食を共にしながら学ぶスタイルの学校を意味します。本校では国内・海外への研修旅行を指し,従来の修学旅行の枠を超えた,本校ならではの教育理念がもっとも色濃く反映された内容となっています。

2年次海外ボーディング・スクールについて

2年次の7月にイギリスのバンバリー市で初の海外研修を行います。28日間イギリスにあるテューダーホール・スクールで友人や教員と寝食をともにし研修します。現地の先生による授業やスポーツアクティビティ,オックスフォード大学見学などの校外学習を通して語学を始めとする様々なイギリスの文化を学び,世界的な視野や様々な探究心を育て,実践的な英語力を涵養します。帰国後生徒達は,保護者のみなさんに大きく成長した姿を見せています。

 


 


 

 

 


 


 

 

4年次海外ボーディング・スクールについて

 ケンブリッジ大学のカレッジで2度目のイギリス研修を行います。英語をコミュニケーションの道具として捉え,英語によるコミュニケーションの楽しさを実感します。ケンブリッジ市内で英語で作成したアンケートを使って現地の人々に調査するプロジェクト・ワークは,このカリキュラムの大きな特徴の1つとなっています。 

 


 


 


 


 

関連記事

 

ページの先頭へ戻る