校長室だより 第10回

 令和2年もひと月が過ぎ、2月になりました。暖冬の年であると言われ気候が今一つ冬らしさを感じられないのは私だけでしょうか?今月は4年に一度のうるう年の月です。29日まであります。
 
 本校の入試も昨年11月に英語・理数運用力入試から始まり先月23日に第2回目の一般入試を終了致しました。残るは今月5日の新学力型入試のみとなりました。他校では少子化の影響を受け受験生を減らしている中、本校では昨年度を大幅に上回る受験生を獲得し、前回入試までに800名を超える小学6年生が受験をしました。これも保護者各位のご支援の賜物と感謝申し上げます。
 
 さて、6年生の一般受験を目指す生徒諸君は今月が勝負の月になります。まさに現在、一般受験の真っ只の中にあります。最後となったセンター試験も無事終了し二次試験に向けて追い上げの時期です。風邪などに注意し自分の志望校突破に向けて最後の頑張りを期待しています。すでに進路が決定している生徒諸君は大学からの課題に取り組んでいます。4月からの大学生活がスムーズにスタートできるようしっかりと取り組んで欲しいと思います。
 
 今週の月曜日(27日)にAFSの交換留学生ネラさんの送別会が実施されました。生徒友人を代表して4年の吉田衣里さんがお別れのスピーチをし、生徒会役員から記念品が贈られました。その後、ネラさんが流暢な日本語でお別れのスピーチをしました。そして、自慢のダンスを2曲披露してくれました。彼女にとって全校生徒の前でのダンスは忘れられない思い出になったことと思います。その後全校生徒及び教員も入り記念写真を撮りました。10カ月間の留学ご苦労様でした。1月28日の登校をもって全て終了となります。沢山の思い出を胸に故郷フィンランドに帰ります。
 


(送別会 吉田さんスピーチ


(ネラさんを囲んで全体写真

 

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る