校長室だより 第9回

平成29年も最後の月を迎えました。本日より12月です。本当に月日の経つのは早いと感じております。今年の干支である「丁酉(ひのととり)」も残すところひと月になりました。我々教員にとって、12月(師走)は1年の中で最も忙しい月とされています。まさに、明日2日(土)は千葉SAT入試、9日(土)推薦入試、16日(土)茨城SAT入試が予定されています。志願者数は昨年を上回る勢いで日々増えております。また、年明け1月6日(土)は第1回一般入試、25日(木)は第2回一般入試と入試行事が続きます。卒業していく6年生120名以上の生徒を獲得する目標を立て取組んでおりますので、ご近所でお知り合いの小学6年生がおりましたら本校受験を勧めて頂ければ幸いです。
来週、5日(火)から8日(金)は第3回総合学力テストが実施されます。6年生にとっては卒業試験になります。悔いの残らぬ取り組みをして欲しいと願っています。今朝も7時ごろCPCを覗いてみると複数の生徒達が一心不乱に朝学習をしていました。また、6名の先生方が総合学力テスト前の補講を行っておりました。朝の早い時間から学習に取組む生徒がいるのは本校の良き伝統となっています。また、先生方の打算のない献身的な取組にはただ頭が下がるばかりです。
6年生の進路決定者が毎日のように増えています。日本大学の付属推薦では昨日の追加募集の結果も含め54名(45%)(医学部1名、歯学部2名、松戸歯学部2名、薬学部4名を含む)を初め、他大学のAO入試、公募推薦等で進路が決まった生徒が多数出てきております。しかし、本校では全員でセンター試験を受験するという指導をしており今年も一般受験組みと共に進路決定者も毎日学習に取組んでおります。

(千葉SAT入試、昨年度)      

(先月24日から点灯しています)

                      土浦日本大学中等教育学校
校長 西 山 勝 治

 

ページの先頭へ戻る