校長室だより 第9回

今年も残すところあと1ヶ月となりました

早いもので平成28年(申年)も残すところ一月となりました。今月は3日(土)の千葉SAT入試を皮切りに3週間連続で本校の入試が始まります。10日(土)は推薦入試、17日(土)は茨城SAT入試です。一般入試は年明けの1月6日(金)になります。何とか募集定員の120名確保に全力で取組んでおりますのでお知り合いの方で小六生がおりましたら本校の受験を勧めて頂ければ幸いです。

さて、先月23日の勤労感謝の日に本校体育館にて、ロボカップ2017茨城ノード大会が開催されました。小学生から高校生までの約100人の参加者が日ごろ鍛えた技術を披露してくれました。本校からもロボットエンジニアリング部の生徒諸君の4チームが参加し、見事1チームが茨城県の予選を突破し関東ブロック大会への出場が決まりました。今月24日(土)に東京都内で実施されます。是非関東大会を突破し全国大会に駒を進めて頂きたいと期待しています。ご存知の通り4年後の2020年度から小学校でプログラミングの授業が必修化されます。その後中学校、高等学校の授業で取り入れられますので本校ではそれに先んじてまずは部活動からプログラミングに取組み、その後情報や数学、理科の授業に取り入れられたらと考えています。

今月14日(水)はいよいよ合唱コンクールが土浦市民会館で開催されます。本校自慢の行事になりました。明日までの総合学力テストが終了すると、朝早くから夕方遅くまで校内に歌声が響き渡ります。各クラスの団結力を示す行事として定着いたしました。指揮者、伴奏者、歌い手のクラス全員が一体となった発表はとても素晴らしいです。毎年感動を頂いております。是非、保護者の皆様方も土浦市民会館に足を運んで頂きたいと思います。お子様の発表する姿をご覧頂きたいと思います。
 

  


ロボカップ茨城大会集合写真


昨年の合唱コンクールの模様

  

土浦日本大学中等教育学校

校 長  西 山 勝 治

ページの先頭へ戻る