校長室だより 第5回

留学の成果

 昨日、第2学年の一行がイギリスでの研修を終え無事羽田空港国際線到着ロビーに元気な姿を見せてくれました。日本航空と全日空の2便に分乗しほぼ同時刻に羽田空港に到着しました。両便とも30分~40分程度早く着きました。空港解散、柏駅解散、土浦駅解散、と3つに分かれて解散しました。日曜日と重なって羽田空港には約40組の家族が出迎えに来ていました。生徒たちはそれぞれ大満足した様子で一回りも二回りも成長したように見えました。空港では夏季休業期間中の課題等の指示を受けていました。4年生は一足先に全員無事に帰国し、現在は部活動や課外授業を受講するために登校してくる生徒が多数います。 昨夏、ASF交換留学生として本校から3名の生徒が、アメリカ、イタリア、スイスに1年間の留学生として派遣されました。その中の一人であるスイスに留学した篠田菖子さんは留学期間に語学習得に懸命に努力を重ねドイツ語を習得いたしました。その成果を試すため、独協大学が主催している「第18回全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト」に応募しました。全国から149名の高校生の応募があり、23名が予選を勝ち抜き本選に望みました。3つの部門の中の最もレベルの高いフリースピーチ部門の決勝に残りました。7月31日に決勝戦が実施され、見事全国第1位に輝きました。篠田さんの頑張りに敬意を表します。 夏休みに入り10日以上経過しましたが、毎日朝早くから登校し自学自習や、課外を受講する生徒諸君がたくさんいます。私も毎日出勤し、学校内を見回りますが、CPC、図書室、6Fカフェテリア、各教室等で学習している生徒達の姿を見、本校生徒は素晴らしい取り組みのできる子がたくさんいるなあと誇らしく思います。学校はお盆の期間の学校閉鎖期間を除き毎日開いていますので是非多くの生徒諸君に利用してもらいたいと思います。


篠田菖子さんの発表風景


表彰式の様子

 

土浦日本大学中等教育学校

校 長  西 山 勝 治

ページの先頭へ戻る