メディアリリース

新聞・雑誌・テレビ・Webサイト等の各種メディアに掲載された情報をお伝えいたします

2019年2月1日

高校生記者たちが書いた記事が「NPO法人NEWSつくば」に掲載されました

 

  5年加藤涼芳さんが書いた「つくばウィットスタジオに未知なる可能性」 6年鈴木ことみさんの「変わる土浦駅オープンから半年自転車通し地域の魅力を再確認」記事は読者から大きな反響があったそうです。

掲載された記事はこちら
変わる土浦駅 オープンから半年 自転車通し地域の魅力を再確認
https://newstsukuba.jp/?p=8979
未来のアニメーター必見! つくばのウィットスタジオに未知なる可能性
https://newstsukuba.jp/?p=9801


2019年1月14日

茨城新聞に第37回全国都道府県対抗女子駅伝の結果が掲載されました

 

 チーム全体でお互いをカバーしあい、目標通りの結果を残した。主将を担った西野は「若い子たちが頑張ってくれた。粘りの走りができた」と明るくレースを締めくくった。
(一部記事抜粋)
掲載記事 2019年1月14日茨城新聞


2019年1月12日

本校の中村実優(3年)さんが第37回皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会に出場いたします

 
 

 本校の中村実優(3年)さんが, 明日, 平成31年1月13日(日)京都にて行われる, 第37回皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会において茨城県代表として3区(3.0km)を走る予定です。


2018年10月29日

読売新聞に鯉渕南海さん(6年)の記事が掲載されました

 

 第62回県児童生徒科学研究作品展の表彰式が28日、坂東市のミュージアムパーク県自然博物館で行われました。 本校の鯉渕南海さんは「今後は植物のもっと細かい組織まで観察できるように大学でも研究を続けていきたい」と今後の事についても語ってくれました。
掲載記事
2018年10月29日読売新聞


2018年10月26日

読売新聞に鯉渕南海さん(6年)の記事が掲載されました

 
 

 第62回日本学生科学賞で県知事賞を受賞した鯉渕南海さんの研究内容「葉緑体合成に及ぼす青色光の効果」の 作品内容が掲載されております。青色光が葉緑体の数を増やすこと。さらに,青色光を照射することによって, 葉緑体の主要な色素「クロロフィル」の合成が促進。窒素がなくても,青色光ではこの現象が起こることから, 細胞が自らのタンパク質を分解し再利用する「オートファジー」を促すのではないかと考えた。
掲載記事
2018年10月26日読売新聞


2018年10月25日

読売新聞に鯉渕南海さん(6年)の記事が掲載されました

 
 

 坂東市のミュージアムパーク県自然博物館で開かれた、第62回日本学生科学賞で本校の鯉渕南海さんが 県知事賞を受賞いたしました。今回受賞した作品「葉緑体合成に及ぼす青色光の効果」は今後県代表として全国審査に出品されます。
掲載記事
2018年10月25日読売新聞


2018年9月21日

英語インタラクティブフォーラム県大会の結果が掲載されました

 

 平成30年8月21日(火)に筑波学院大学にて開催された英語インタラクティブフォーラム県大会の結果が英語教育研究部のサイトに掲載されました。本校からは6名生徒が出場し, 出場した部門で県知事賞(優勝)を受賞しました。
英語教育研究部
http://kyoikuplaza-ibk.or.jp/kenkyukai17/


ページの先頭へ戻る